本文へスキップ

住宅ローン シミュレーション

金融機関は決まりましたか?

一括で複数の金融機関に申込みできます!

住宅ローン シミュレーション

住宅ローンのシミュレーションをする前に!

住宅の購入や借り換えを検討する場合、まず最初にしなければいけないことがあります。

なんだかわりますか?

そうです。

どこの金融機関でローンを組むか、ということ。

住宅ローンが組めなければ普通は住宅を購入できません。

つまり、物件をさがすよりも融資が受けられるか、ということの方が優先順位で言えば先なのです。

また、どこの金融機関で審査が通るかによってもずいぶん金利などの条件が違います。

審査が通る前のシミュレーションは無駄になってしまう場合があるので、

まずは、診査に通る金融機関を調べる、

次に診査に通過した中から有利に組める金融機関を調べる、

という感じで進めててみましょう。

以下のアドレスに移動すると診査に通る金融機関を探すことができます。

http://step.jutapon.com/homeloan/promo/borrowing/?prom_code=cscaw00014


住宅ローンのシミュレーションについて

グラフ住宅の購入や借り換えの時に役に立つのが住宅ローンのシミュレーションです。

住宅をキャッシュで購入するという人は少数で、ほどんどの人が住宅ローンのお世話になっています。

しかし、住宅ローンについては、住宅ローンを組んだことがある方でも、不動産屋の言われるまま提携ローンを組むことが多く、住宅ローンについて良くわからない、という人もおられるのではないでしょうか。

もし、あなたが、どこでローンを組んでも大差はない、いろいろと調べるだけ手間になるだけ、とお考えであれば、非常に高い確率で大きな損をしてしまう可能性があります。

どれぐらい損をすると思いますか?

1万円でしょうか、10万円でしょうか、100万円でしょうか。

いいえ、そんなものではありません。

実際は、200、300万以上も損をしてしまうことも珍しくないのです。

お金を貯めるのは大変ですが、失うのは簡単です。

住宅ローンは一度組んでしまうと、高い手数料が発生するため他社に乗り換えるのも簡単ではありません。

損をしないためには、最初にしっかりと住宅ローンのシミュレーションをしてから、一番お得な住宅ローンを選びたいものです。

では、シミュレーションってどうすれば良いでしょうか。

おすすめは、インターネットを活用したシミュレーション。

インターネット上には、住宅ローンに関する比較サイトや口コミサイトもあるので、住宅ローンのサービス比較や知識を得ることが出来ます。

ちなみに↓ココは三井住友銀行の返済額試算シミュレーション。


返済額試算シミュレーション(三井住友銀行)
http://www.smbc.co.jp/sim/servlet/sim.ShisanSimServlet

銀行などのホームページのシミュレーション

銀行のホームページにアクセスまた、銀行などの金融機関のホームページには、住宅ローンのシミュレーションを行うことが出来ます。

無料で利用することが出来、様々な条件からシミュレーションが出来ます。

計算方式の解説から留意点などの記載もあるので、安心して参考にすることが出来ます。

住宅ローンの相談に関して、店舗窓口だけでなく、ネットや電話相談もあります。

最近では、休日でも相談会の開催もあるので、利用しやすい環境が整っています。

住宅ローンを利用することで、様々なサービスを受けることが出来ます。

例えば、医療保険や住宅保険、ATMの利用が無料になったりと銀行によって異なるので、得点で選ぶという選択肢もあります。

ここで、幾つか注意点があります。

ローンはクレジットカードなどと同じで、借り過ぎと使い過ぎに注意し、計画的な利用が必要で、返済のために新たな借り入れをしないことが大切です。

利息についても注意することです。利息が払えず、自己破産のケースも増えいるとのことなので、長い期間での利用計画を練ることも必要です。

また、万一、病気やリストラで返済が困難な状況になった場合、早急に借りている銀行に相談することです。

銀行では、そのような不慮な状況の対応してくれる保険商品もあります。

このため、シミュレーションを利用することで、ローンがいくら組めるか、返済期間、利息を把握することが出来ます。

無料でシミュレーションが出来る銀行が殆どなので、いろいろな銀行で試して、試算するとよいと思います。



でも、結局のところ審査に通らなければ意味がない!

診査に通らければ意味がないさまざまな金融機関の金利を調べたり、シミュレーションして気に入った金融機関が見つかった。でも申込んで見たら審査に通らなかった。

そんなケースが少なからずあります。

そうなると、いろいろシミュレーションした時間が無駄になってしまいます。

そんな無駄な時間を過ごさないためには、
最初に複数の金融機関に一括申請しておくことが大切です。

審査に通った金融機関でしっかりとシミュレーションしていけば時間の無駄はありません。

でも、複数の金融機関に同時に申込みなんて面倒です。

そこでオススメなのが、「住宅ローンの一括申請」。

5社ほどの金融機関へ一括申請が可能なネットサービスです。

大変便利なのに利用料金は全く不要。完全無料のサービスです。

一括申請したい場合は、「→複数の金融機関を比較する!」をクリックして移動先のサイトでは、「まずはシミュレーション!という方はこちら」をクリックして頂けると申込みページに移動できます。


http://step.jutapon.com/homeloan/promo/borrowing/?prom_code=cscaw00014


解体工事と住宅ローンについて

古いお家や建物を壊して新しく住宅などを建てるという人もおられると思います。そこで予想外に高いのが解体工事費用。

壊すだけなのに、なんでこんなにも高いの?

なんて思うこともあるはず。

そこで住宅ローンと一緒に解体工事費をローにしてしまえば楽なわけです。

しかし、住宅ローンとしてはなかなか組むことができないと聞きますので、もし無理ならば、金融機関でフリーローンや多目的ローンなどを探して見ると良いでしょう。

しかし、

その前にやることがあります。かなり大切なことです。

それは、解体工事そのものを安くする方法です。

えっ。どうすれば?という人はよく聞いてください。とても簡単ですから。

相見積もりを取る。ただそれだけ。

でも相見積もりって、業者に気を使うし面倒ですよね。

でも、それが簡単にできる方法があるんです。

それがコチラの無料サービス。→解体工事の見積もり


バナースペース

→ 住宅ローンシミュレーション → 固定金利・変動金利 → 住宅ローンの借り換え → 住宅ローン控除
→ 住宅ローンの審査